<前の記事 Web講座「Day.3 瞑想のすすめ」

からだの声を聴いて食べる・食事を変える

「You are what you eat.(あなたはあたなが食べたものでできている)」

という英語のことわざがあるのですが、

一般的には、あなたの体は食べたものに支えられてできているので

食べものが大切なのはもちろんですし、こころにも影響しています!

 

現在のわたしの食事はゆるやかなベジタリアンです。

1日2回の菜食に雑穀などを取り入れた食事がメインで、

お肉はごくたまに、お魚は月3~4回。

外食もしますし、甘いものは食べたいときに食べています。

からだと相談したり、実験しながら調整を続けていますが、

調子はとても軽快で体重は45~46kgくらいをキープしています。

 

わたしの食べ方はこのような感じですが、

食事はその人に合った食べものを食べるのが一番!と思っています。

いくらコントロールしようとしても我慢や無理は続かないので

結局その人に合ったものに落ち着くと言ってもいいかもしれません。

 

あなたの食べ方はいかがですか?

もし、今まで食事のことなんて考えたこともなかった!と感じるのであれば

普段、食べているものや食べ方を意識してみてください。

無意識に習慣として食べていたものが見つかるかもしれません。

「本当にその食べもの、食べたい?」と食べる前に自分に聞いてみてください。

からだに聞いてから食べる方法

ベジタリアンをはじめたころのわたしは頭でっかちに、

これは良い!これは悪い!と食べものを選んでいました。

我慢もするので反動で食べなくてもいいものをドカ食いしてしまったり。

からだに聞いてから食べるようになってからそれが一切なくなりました。

 

からだに聞いてみてから食べる方法にトライしてみましょう!

① たとえば、脂っこいラーメンを食べたい!と思ったとします。

② すぐに決めずに、まずは一呼吸。

③ 胃のあたり、もしくは気になるからだの部分たちと相談しましょう。

そのラーメンを食べているとき、食べ終わった後の胃の感じ、からだの感じを想像します。

④ 胃がムカムカしたり、からだが不快に感じればNGサインです。

⑤ 胃がYES!からだがウェルカム!と言ったらGOサインです。

 

もしNGサインがでていても、後で後悔するとわかっていても食べたいときってありますよね。

そんなときは、それを丸ごと受け入れて食べたら満足します!

どちらを選ぶかは最終的にはあなた次第です。

楽しみながらからだと相談してから食べてみてください。

調味料を変えてみる

食事の内容を変えることに興味がなくても

調味料を変えるだけで、食べ方に変化が起きることがあります。

 

味をつくっている調味料が意外とあなどれません!

わたしの場合は調味料を変えたら舌が繊細になって

 

・ジャンクフードの味がおいしく感じられなくなって食べなくなりました

・外食も味の濃いものからヘルシーなものを選ぶようになりました

・市販のスイーツが甘すぎるように感じるようになりました

 

あら?この変化ってダイエットにも最適♡ではありませんか!?

 

何を意識したかというと

・食事の調味料を昔ながらの製法と原材料でつくられたものに変える

基本の調味料、塩・しょう油、みそ、みりんなどを伝統的な方法でつくられた

ものに変えました。

この調味料たちのおかげで料理が2倍おいしくなっていると思います!

味を比べてみると「うまみ」があるんですね。それがポイントだと思います。

 

・化学調味料を減らす

アミノ酸などのうまみ調味料を使っている加工食品や調味料を極力減らしました。

ケチャップ、マヨネーズ、ポン酢、ソース、コンソメ、チキンブイヨンなどなど

冷蔵庫に常備されている品々から変えていきました。探すと見つかるものです!

そして、めんつゆやポン酢は手づくりするようになりました。

 

・白砂糖を減らす

我が家に置いてある砂糖は粗製糖です。

最近はこれもほとんど使わずに煮物は本みりんや甘酒で、

お菓子作りにはストレートのリンゴジュースで甘味づけ。

市販のものは大目にみて、

家で調理するものは白砂糖を使わないようにしています。

 

これらのものを使い始めると、

はじめは味に物足りなさを感じるかもしれませんが

しだいに舌が繊細になって、刺激的なうまさから味わい深いおいしさを

感じられるようになります。

お肉はうまみが強く、調味料の味の違いを感じにくいかもしれませんので、

野菜料理などでまずは違いを感じてみてくださいね。

 

 

 

我が家のお気に入り調味料一覧は >>こちら

他にも素晴らしい商品があると思いますので、

こちらは参考程度にお好みのものを探してみてください (^-^)!

ベジタリアンに興味がある

ベジタリアン食をはじめてみたいという方には

雑穀料理の「つぶつぶ」がおすすめです。

動物性食品、乳製品、卵、砂糖(メープルシロップ・はちみつ含む)を

一切使わないレシピで調理ができます。

 

わたしは、これまでにマクロビオティクスやローフードを試しましたが

唯一「つぶつぶ」が家の定番レシピに定着しています。

ゆみこさんという方が創設者なのですが、

独創的なレシピがたくさんあって、しかも味が濃い目!

油や塩をしっかりつかっているので夫にも好評です。

東京にレストラン、全国に料理教室があるで、ぜひ一度試してみてください。

卵や乳製品アレルギーがあるお子さんをお持ちのママパパにもおすすめです。

つぶつぶHP http://tsubutsubu.jp/

 

変化を観察する

わたしの場合は、食事を変えたことによって味覚が冴えて

頭が欲しいと言っているものと、からだが欲しいと言っているものの

区別がつくようになりました。

おかげで、余計なものを食べなくなりましたし、

自然と体重を気にすることもなくなりました。

 

どのような食事が合うかは、人それぞれだと思います。

けれど、食事を変えてみたらこことからだに変化があるのか?

そこに注目して、ご自分を観察していただきたいと思います。

変化があったらそのまま続けてみてくださいね。

 

次回は、意思力を鍛えて生活習慣を変えるについてお伝えします。

次の記事「Day 5. 意思力を鍛えて使おう」>

 

Web講座 目次へ戻る→

 


* 最新のお知らせ *

TREグループセッション課題のお手伝い・体験モデル募集中(参加無料)

現在、TRE(トラウマ&緊張解放エクササイズ)プロバイダーの認定取得のための課題として3~5人を対象にしたグループセッションの練習を行っています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

【これまでお手伝いいただいた方の感想】

・身体がひとりでに動いてとても心地よかった

・こわばりのある体の部分が楽になった

・昔に大きなケガをした右膝に対する信頼感を感じることができた

・振動が通っていない身体の部分に意識を向けただけで体が動き始めて驚いた

・忘れていた昔の怖い・悲しいという感覚があったということを思い出した

・振動後に胸から口までの通りが良くなって呼吸がしやすくなった

・顔の緊張がゆるんだ

<次回日程>

1月15日(火)10:20~12:30 ⇒残り1名

1月25日(金)10:20~12:30

@渋谷駅より徒歩5分

ご希望の方は問合せフォームよりメッセージをお願い致します。

問合せフォーム>>> https://peacefulmind.jp/contact/