心臓バクバク、手足ジンジン

先日、また我が家でハプニングが起きました(「また」というのは→こちらの記事)。

2歳の娘が凍らせたゼリーを喉につまらせてしまうという…(汗)

初めはスプーンですくって小さくあげていたのですが、柔らかかったので自分でもできるかなと思って本人に渡してしまったのが間違いのはじまり。うまくスプーンですくえず、そのまま口にガブリと入れてしまったのです。

「あー!」と思ったのもつかの間、ちょうど口いっぱいの大きさだったので、のどにはまってしまったようで背中をたたいて出そうとしたのですがダメ。

あれこれ慌てながら、最終的には頭を逆さにして出しました。正直めっちゃ焦りました!大事に至らず本当によかったのですが、やはり気を抜いたらいけないと痛感した出来事でした。

 


ShabinhによるPixabayからの画像

 

で、この非日常的なハプニングのときって、交感神経がググーっと優位になるにもかかわらず、冷静に対応しないといけない場面だと、やはり体の中のエネルギーが外に出づらいと感じたのです。出来事は終わったのに、まだ心臓がバクバクしてて、手足がジンジンして、気持ちがアワワワしている感じです。

少し時間が経てば落ち着いてくるものですが、この感覚のときにTREを使うと早くこの感覚を解放することができますし、地に足をつけることができます。

わたしはもう立っても座っても自由にTREの振動を出せるので、手を少しプルプル~と振るわせるだけでもワーッとなった感覚を少し振り払うことができました。

 

TREのやり方を知っているだけでもいい

TREのセッションを受けに来るかたには常々「TREは細く長く続けることが大切です!」とお伝えしているのですが、これは長期的な変化を求めるにはやはり継続が大事だから。5年続けていていても新しい発見や変化を感じることができます。でも、TREで神経系を整える必要がない人もたくさんいるんですね。ただし、どんな人にもハプニングは起こり得る。なので今日はあえて「TREはやり方を知っているだけでもいい!」とお伝えしたいと思います。

 

TREの体を回復させる振動の作用は動物の本能に近いです。なので、老若男女問わず、体が動かせれば誰でも使えるということ。非日常のハプニングが起きたとき、慌てふためいた体を素早く回復に向かわせる助けをしてくれるTREがもっと多くの人に届くようになるといいなと思っています。ぜひ一度、体験しにいらしてくださいね。オンラインでもお待ちしています!

 

 

 




【 最新のお知らせ 】

TRE(トラウマ&緊張解放エクササイズ)の参加者を募集しています対面セッションとオンラインセッションからお選びいただけますので、遠方の方や長時間の外出が難しい方もご参加いただけます。期間限定料金のうちにお試しください(^^)/

対面のセッションについては→こちらをクリック

オンラインセッションの詳細は→こちらをクリック


<セッションのご感想>

・身体がひとりでに動いてとても心地よかった

・こわばりのある体の部分が楽になった

・昔に大きなケガをした右膝に対する信頼感を感じることができた

・振動が通っていない身体の部分に意識を向けただけで体が動き始めて驚いた

・忘れていた昔の怖い・悲しいという感覚があったということを思い出した

・振動後に胸から口までの通りが良くなって呼吸がしやすくなった

・顔の緊張がゆるんだ

みなさまにお会いするのを楽しみにしています!