プロバイダーになるべく勉強をはじめたTRE(テンション&トラウマ解放エクササイズ)。わたしはこの手法によって人生が大きく変化しました。幼い頃から抱えていた「感情的な問題」を解消することができたのです。今回はその変化についてお伝えしたいと思います。

 

TREとの出会い

BMSセラピーの師匠である國分利江子さんから紹介いただいたTRE。國分さんがプロバイダー資格取得のための課題に取組んでいた際のお手伝いで体験したのが初めてでした。

 

まず筋肉を少し疲れさせる筋トレのようなエクササイズをして、その後に床に寝転がると、あら不思議!身体がひとりでに震え始めるのです。この震えが身体や感情的な緊張を変化させていきます。

 

はじめての人はまったく震えないこともあるそうなのですが、わたしは1回目からバタンバタンと音を立てるほど腕や頭が動きまくって(笑)自分の意志ではないところで身体が動くことに衝撃を受けました。わたしという存在=身体ではないんだなと感じました。動いている間は、ひたすら筋肉の動きと心の動きの観察を続けました。

 

手の届かない筋肉がゆるんだ

1回目のエクササイズ後にさっそく身体の変化を感じました。セラピストということもあり自分のからだに意識を向けるのが得意なので変化を読み取りやすかったというのもあると思います。

 

最も印象的だった変化はボディワークでは直接手が届かない筋肉の緊張の緩み。肩甲骨と肋骨の間の筋肉、頚椎1・2番と後頭骨の間の筋肉などです。ずーっと頭の付け根に違和感を感じていたので、それが取れていたのは驚きでした。この筋肉のゆるみは持続している部分と、以前よりは緩んでいるけれどもまだ緊張している部分の両方あります。

 

怒りがスーッと通りすぎていく

衝撃的な初体験を経て、これはおもしろい!ということで2日に1回のペースで自宅でエクササイズと國分さんのセッションを1か月に1~2回を続けました。

 

TREの特徴は自宅でもエクササイズができるところです。震えの調整を自分でできるようであればプロバイダーのところへ毎回通わなくてもいいのです。

 

2ヶ月くらい続けたところで、驚くべき変化が現れました。

 

お恥ずかしながら、わたしは「怒りのパターン」を幼い頃からもっていました。これをどうにかしたくて心の勉強をはじめたといっても過言ではありません。そのパターンというのは、両親や夫など近しい関係の人のみに出る怒りで、自分を否定されたと感じると突発的に出てくるものでした。自分でもコントロールができない狂気のような衝動です。どのような姿になるかは…秘密にしておきます(笑)

 

 

このパターンはインナーチャイルドをケアしていく中で改善されていたものの、根本から大きな変化を起こすことができていませんでした。TREをするとその中で小さい頃の記憶がふっと頭に浮かんでくることがあるんですね。それは画像のようなイメージであったり感情を感じるものもありました。

 

エクササイズの中で出てきたイメージや感情は本来であれば受け流すだけなのですが、わたしは実験的に浮かんだものをエクササイズの後にインナービジョンカウンセリングで感情を受けとめて書き換える作業を繰り返しました。自身の専門とのハイブリッドを試してみました。

 

そして驚きの日!

 

その日は疲れていてストレスを感じていた状態でした。そこで、夫がわたしを否定するような発言(本当は否定していないれどわたしがそう受けとめてしまう)をしたのです。それは地雷を踏んだようなもの。しかし、その日わたしの地雷は爆発せずに宙に消えていきました。わたしの頭の中では夫に向かって攻撃的なことを言っているイメージが映画のワンシーンように流れていきました。でも、わたしはその行動を起こしませんでした。

 

一瞬の沈黙…。

 

「あれ?いまのって??」と夫が驚きの表情。彼も何度もわたしの怒りパターンを経験しているので地雷を踏む感覚がわかっているのでしょう(笑)それが爆発しなかったのでびっくりしていました。そしてわたし自身も「すごいね~!この状況でいつもだったら怒ってるよね!?」と。

 

そう、この日からわたしは30年来続けてきた怒りのパターンが出なくなったのです。

 

 

幼いころの体験がトラウマに?

この変化についてTREで体験したことと幼いころの記憶と感情を振り返って考察してみました。TREは心に及ぼす作用ではなく脳と神経の回路に変化を起こすことを目的にしているものなので、ここからはTREの領域を越えて個人的なセラピストの分野の話になります。

 

エクササイズでは、幼いころに母親に叱られた記憶がたくさん出てきました。そこでは、今まで感じてこなかった悲しみ、怖さといった感情が伴うこともありました。

 

トラウマというのは大きな出来事でつくられるものだと思っていたので、このような日常的なこととは関係ないと思っていました。しかし、結果的に振り返ってみると幼いころに叱られたという体験がトラウマになっていたのでしょう。そのときの身体やこころの緊張が神経のパターンとしてからだに記憶されて、大人になってからも叱られる(近しい人から否定されると感じる)ことがあるとそれ以上傷つくことがないように相手を攻撃することで自分を守るという反応が出ていたのだと思います。

 

わたしの「怒りパータン」は自分でどうにかしようとしてもどうにもならない感じ、反射神経で怒りが飛び出すような感覚だったことに納得がいきました。それは、わたしが考える間もなく体がひとりでに怒り出す、自己防衛として出る本能的な反応だったのです。TREはこの幼いころに記録されてしまった神経的なパターンに変化をもたらしてくれたのだと思います。(※TREでの体験は個人差があります。必ずしも記憶や感情がでてくるわけではありません。)

 

まとめ

わたし自身、この変化に驚いて感動してぜひこれを必要としている人に届けたいと思いプロバイダーの勉強を始めることに決めました。奥が深くてまだまだ学ぶことはたくさんありますが、専門性を高めて適切に提供できるようになりたいと思います。

 

そして、自分の経験を通してTREは人類にこころの平和をもたらしくれるものではないか!?という直感を受け取りました。これからどのようなことが待っているのか楽しみでワクワクがとまりません(^^)

 

今回はわたしの個人的な体験をお話しました。もしかしたら知識不足がゆえに不適切な表現が含まれているかもしれません。お気づきの際はご一報いただければと思います。また、TREによる心身の変化については個人差があることをあらかじめご承知いただければと思います。

 

エクササイズを体験してみたいという方はこちらのページをご確認ください。

TFA Japan  公式ウェブサイト

 

参考図書

『人生を変えるトラウマ解放エクササイズ』(Amazon)

バーセリー博士のTREを開発するまでのエピソードやエクササイズの方法が記載されています。

 


* 最新のお知らせ *

TREグループセッション課題のお手伝い・体験モデル募集中(参加無料)

現在、TRE(トラウマ&緊張解放エクササイズ)プロバイダーの認定取得のための課題として3~5人を対象にしたグループセッションの練習を行っています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

【これまでお手伝いいただいた方の感想】

・身体がひとりでに動いてとても心地よかった

・こわばりのある体の部分が楽になった

・振動が通っていない身体の部分に意識を向けただけで体が動き始めて驚いた

・忘れていた昔の怖い・悲しいという感覚があったということを思い出した

・振動後に胸から口までの通りが良くなって呼吸がしやすくなった

<次回日程>

11月2日(金) 11:00~13:00 @五反田駅より徒歩5分 ⇒ 満席

11月19日(月)10:20~12:30 @渋谷駅より徒歩5分⇒残1名

11月29日(木)10:20~12:30 @渋谷駅より徒歩5分

ご希望の方は問合せフォームよりメッセージをお願い致します。

問合せフォーム>>> https://peacefulmind.jp/contact/