bud バトゥール山トレッキング
 
IMGP1331.jpg
 
バリ島ウブドから車で約1.5~2時間。
 
地球の第一チャクラと言われている、バトゥール湖と山があります。
 
 
バトゥール山はこれまでに何度も噴火して、今でも生きている活火山。
 
 
ギリ島の海も最高だったけど、やっぱり山が大好きだ~!
 
 
前の記事のとおり、からだの調子が戻っていなかったので様子をみるつもりだったけれど
 
トレッキングツアーのコース説明を聞きながら仲間の心配をよそに、
 
「一番長いコースで!」と即決しているわたしがいました(笑)
 
 
頭では、短いコースを選んだ方がいいかもしれないと思いつつも
 
わたしの直感はもちろんLongest!
 
スピリットからくる感覚があったのでそちらを信頼しました。
 
 
バリ島でのトレッキングツアーなどには、必ずガイドが必要です。
 
今回のツアーは朝ごはん付でひとり$65。
 
 
午前4時出発→山頂まで行って朝ごはん→お鉢を半分回って→コウモリの洞窟に寄って
 
→下山→午前10時到着
 
 
山頂まで約2時間。6時半の日の出を目標に登ります。
 
 
bud 大地と山のエネルギー
 
IMGP1260.jpg
 
 
午前3時半のモーニングノックで飛び起きて、いざ出発!
 
早朝から、お腹はゆるゆるのまま。相変わらず胃腸の中身は空っぽです。
 
ここ数日間でエネルギーを消耗していて、他のツアーメンバーのペースについていけない…
 
仲間がガイドさんに体調が芳しくないことを伝えてくれたので、
 
ひとりのガイドさんがわたしの前をゆっくり歩いてペースをつくってくれました。
 
 
地球の第一チャクラと言われている場所なので、
 
一歩一歩、足の裏と脚に意識を向けて歩きます。
 
大地のエネルギーを脚から吸い上げるようにして、前に進んでいく。
 
登り始めて30分~1時間くらい経ったでしょうか。
 
 
それまで弱々しく感じていたからだから「いつもの山登りの感じ」
 
という感覚がじわじわ蘇ってくるのを感じました。
 
脚にエネルギーが湧いてきて、力強く動く
 
上半身は無駄な力が抜けて、自由に動ける
 
 
もう大丈夫!という感覚が湧いてきたのです。
 
 
山と大地から、エネルギーを充填してもらった!そんな感覚でした。
 
 
bud 山頂でご来光&朝ごはん
 
IMGP1267.jpg
 
山頂に到着!気温が低くて寒い!
 
雲の間から、顔を見せたお日様に向かって感謝の気持ちを込めてヨガのアーサナ!
 
IMGP1300.jpg
 
 
出発するときは、体がヨレヨレしてたのに
 
途中からとても元気になって、無事に登ることができました!
 
大地とひとつになって、宇宙からたくさんサポートをしてもらった感じです。
 
そして、朝ごはんは
 
火山の熱でゆでた卵&バナナのサンドイッチ!
 
IMGP1299.jpg
 
IMGP1305.jpg
 
地球の火のエネルギーがたっぷりそのまま入った
 
エナジーフードでお腹を満たします。
 
それまで怖々していた食事も、もうしっかり食べて大丈夫!という体に対する安心感。
 
 
ガイドさんたちが、せっせと朝ごはんの支度をしてくれました。
 
IMGP1293.jpg
 
 
 
 
bud 大昔はもっと大きな山だった
 
IMGP1311.jpg
 
写真の奥に小高くなっている緑が見えるでしょうか?
 
大昔は、その緑の渕が山の円周だったそう。
 
それは、とーっても大きな山だったに違いありません。
 
それが噴火して中が陥没してカルデラになり、湖ができています。
 
バトゥール山はその山の一部が残ったもの。
 
地球の雄大な時間の流れを感じて、そして移り行く山の景色に思いを馳せました
 
これから、数万年後、ここはどんな表情をしているのだろう…?
 
そう考えると、なんだか不思議な感じです。
 
IMGP1347.jpg
 
このバトゥール山トレッキングを境目に
 
お腹の調子もすこぶる良くなって、
 
ごはんもモリモリ食べられるようになりました。
 
 
自然のエネルギーをからだいっぱいに感じて
 
最高のトレッキングになりました。
 
ありがとうバトゥール山!&仲間たち!
 
IMG_2958.jpg