あなたの呼吸はどんな呼吸?

1日のうち、どれくらい呼吸に意識を向けるでしょうか?一般的にスポーツをするときやヨガなどで意識を向けることはあっても、日常生活で呼吸は自然にまかせていることがほとんどだと思います。

わたし自身、ヨガの呼吸法で初めて自分の呼吸を感じる体験をしました。でも、呼吸って意識しているときは深くなりますが、気がつくと「いつもの」呼吸に戻っているということも多いと思います。もちろん少しづつ練習をすることで変化はあると思いますが、それでも大きな変化を体感するのには少し時間が必要かもしれません。

幼少期のわたしには小児喘息があり、よく夜中に発作が起きてゼーゼー、ゴホゴホしていました。特に季節の変わり目。思い出してみると小・中学校で11月くらいに開催されるマラソン大会の練習のときは、走りだすと体が温まってくる反面、ヒンヤリ冷たい空気が体の中に入って気管をヒュッと縮めるのか、呼吸がしづらくてゼーハーつらいこともありました。

喘息発作のときもそうでしたが、わたしの場合は息を吸うのに大変さを感じていました。それは大人になってからも同じで、息を大きく吸うと体の内部がこわばっていてミシミシ音を立てる感じというか、うまく息がたくさん吸えないんですね。呼吸法を日課にしてからは少しづつ改善されていましたが、それでもまだ苦しい感じはありました。

あなたの呼吸の特徴はどうでしょうか?無意識のときの呼吸は浅いですか?深いですか?深呼吸をするときはどんな感じでしょうか?

息がしやすい = 生きやすい

さて、息を吸うときに苦しさを感じていたわたしの呼吸ですが…

ここ最近で劇的な変化がありました。息がスーッと肺の下の方まで流れるように入ってくる爽快感!

こんなに楽に息が吸えるなんて~~~と感動の変化を体験しました。

そして「“息がしやすい=生きやすい”  だな」なんてひとり言をつぶやきながら過ごしています。

 

◎呼吸が楽になって感じているメリット3つ

① 無意識レベルの身体の軽やかさ

→呼吸で循環させることのできる空気の量が増えると、取り込む酸素の量と吐き出す二酸化炭素の量が多くなるので疲れにくくなるそうです。

② 呼吸法の集中力がUP

→毎日の日課にしている呼吸法で、快適に吸う・吐く・止めるができるようになりました。結果、集中力もUPして息を止めているときに極上の心地よさを味わえるようになってきました。

③ イライラを収めやすくなった!

→苛立ちを感じる場面 (特に息子との間でまだ感情を揺さぶられることが多いですね)、でスーッと呼吸をすることで、上がってきたイライラのレベルを下げられるようになりました!

以前も、やっていたんですよ。でも、うまくできなかった。呼吸をして落ち着こうと思えば思うほどなぜか呼吸が浅くなって、一度は落ち着いたと思っても数分後にやっぱりドッカーン。なんてこともしばしば。でも、スーッと息を吸うことができるようになって、その呼吸が気持ちがいいのでその心地よさに意識が向いて上手く力が抜けるようになりました。結果、ドッカーンの回数がかなり減っています。

 

さて、その変化が起きたきっかけは…?そう、今回もTRE(緊張・トラウマ解放エクササイズ)のおかげでした。

 

なぜTREで呼吸が楽になるのか?

結論から言うと、わたしの場合は主に横隔膜の緊張がゆるんだからだと感じています。ただ、呼吸が浅い原因は千差万別、TREの作用も様々なので必ずしも同じ結果につながるとは言えませんのであくまで個人的な体験談としてお読みください。

呼吸って無意識に行われているので仕組みを考えたことがない方が多いかもしれませんが(わたしもそのひとりでした)、横隔膜という筋肉の作用が7~8割を占めるそうです。残りの2~3割は他の筋肉が担っているそうで、呼吸は不随意に動いている筋肉の働きなんですね。主に横隔膜がバルーンのように動いて胸の空間を広げて肺に空気が入ってくる、息を吐くときは横隔膜が自然と元の位置に戻ることで空気が吐き出されるという仕組みになっているのです。

肺そのものが膨らんだり縮んだりしているのではなく、横隔膜をはじめとした筋肉が呼吸を担っているということは、それらの筋肉が緊張して動きが鈍くなっていればそれだけスムーズな呼吸を妨げているということになります。

横隔膜が緊張する理由は様々あるようで、例えば脳にストレスがかかっていて適切な指令を神経伝達できない、交感神経が優位になる時間が長くて浅い呼吸が続いているため筋肉の緊張がしやすくなっているなどですが、横隔膜を支配する神経は運動神経、感覚神経、交感神経なので、私の場合はおそらくこの交感神経の働きが平常化されたのではないかと推測しています。

TREで呼吸が楽になった経緯

わたしの呼吸のしづらさ(横隔膜の緊張)は過去の体験と深く結びついていたことがわかりました。

小さい頃から叱られると体をこわばらせて反撃したり、もしくは体から意識を切り離して固まるという技を身に着けていました。その嫌な体験をそのまま感じることからの防衛反応です。その防衛反応は本能的に使われる神経が関与しているのですが、この防衛反応する神経は身体を緊張させて戦いに備えたり、身体感覚を無感覚にしたりする作用をします。呼吸と関連していえば、呼吸を浅くする作用があります。

ある日のTREプロバイダー仲間と一緒に行ったグループセッション中、からだの気になる部分に意識を向け、優しく寄り添い続けるということをしました。初めは胸の辺りに違和感を感じたのでそこに意識を向けてみると大きな岩のような感じが。それがどんどん大きなエネルギーになって受けとめ切れない感じがしてきて、いつもであればそこから離れてしまいそうなところを少しこらえてその感覚をホールドし続けると…。

「「「怖い」」」今までは、ふっと意識をそらしてきたところへ意識を向け続けたことで、感じないようにしてきたものを感じる怖さが体いっぱいに広がっていくようでした。(※これは安全に行わないと再トラウマ体験につながる可能性があるので注意が必要です) 引き続きこの感覚に意識を向けていると、幼い頃に叱られたときの記憶の場面と身体感覚が浮かんできました。「あぁ…」とわたしの中でつながるものを感じました。

そのまま優しく寄り添い続けて、さらにもうひとまわり大きい優しさに包み込むようにすると、少しづつ落ち着くことができましたが、このセッションはわたしの身体にとってはインパクトの大きいものになりました。仲間たちと一緒に行ったことで出てきたプロセスだったと思いますが、しばらくこの余韻が続きました。

 

この日から1~2週間ほど、今まで「感じない」選択してきた場面で「感じる」ことを体験したことで、それまでフタをしていた「悲しみ」が現れてきました。特に瞑想中にその悲しみが湧き上がってくることが多く、生活の中でも時折感情が揺れました。ちなみに、東洋医学で「悲しみ」は肺と関係があると言われています。

これはTREの後、からだを再調整するための「統合」の時間として捉えられている期間ですが、心身に大きな変化が起きたときには特に大切に過ごしたい時間です。

 

そして、この時期が過ぎると…なんと呼吸が本当に楽になっていることに気がつきました。

明確に、科学的にこの経過を説明する術をわたしが持ち合わせていないのが残念ですが、(もう少しきちんと説明できるようになったときには追記しますね!)結果として、幼い頃の防衛反応パターンの経過をしっかり感じきったことで、身体が防衛反応から解放されたという感じでしょうか。防衛のための反応が終われば、からだは自然とリラックスして呼吸はゆるやかになり、筋肉も緩みます。その過去から引き続いていた「今」の反応が変わることで起きた変化でした。

ながい長~い間、続いていた防衛反応にひとつ終止符が打たれたとこで、呼吸だけでなく他にも感じていた不調和が改善されたことをおまけに記しておきます。その他のお話はまた別の記事に登場させるかもしれません(^^)

 

おわりに

自分の呼吸が変わって初めて、楽に息をすることの素晴らしさを体感しました。息をすることって生きる上で当たり前に大切で、みなさん深い呼吸でリラックスできる状態があることは必要だと頭では理解していても、実際自分の体のこととなるとどうしたものか?と戸惑う人や、呼吸に意識を向ける時間なんてないと感じる人も多いと思います。

わたしも自分の浅い呼吸を知っていましたが、どう変えられるか長い間わかりませんでした。続けてきたTREからまたもや、サプライズで呼吸の変化という贈り物が届きました。もし興味を持たれた方はぜひTREを一度、とはいわず細く長く継続してからだの変化を楽しむ機会をつくってみてください。

 

 

 




【 最新のお知らせ 】

TRE(トラウマ&緊張解放エクササイズ)の参加者を募集しています。会場セッションとオンラインセッションからお選びいただけますので、遠方の方や長時間の外出が難しい方もご参加いただけます。期間限定料金のうちにお試しください(^^)/

会場のセッションについては→こちらをクリック

オンラインセッションの詳細は→こちらをクリック

8月よりオンラインセッションにグループセッションが加わりました。気軽にTREを続けていただけると嬉しいです!


<セッションのご感想>

・身体がひとりでに動いてとても心地よかった

・こわばりのある体の部分が楽になった

・昔に大きなケガをした右膝に対する信頼感を感じることができた

・振動が通っていない身体の部分に意識を向けただけで体が動き始めて驚いた

・忘れていた昔の怖い・悲しいという感覚があったということを思い出した

・振動後に胸から口までの通りが良くなって呼吸がしやすくなった

・顔の緊張がゆるんだ

みなさまにお会いするのを楽しみにしています!