菅沼キャンプ場

白根山の登山前日に菅沼キャンプ場のバンガローに滞在しました。

とーっても整備が行き届いたキャンプ場!

バンガローはロフトがついていて1階部分は絨毯。ロフトにはゴザが敷いてありました。

そして、ふかふかのお布団・毛布・掛布団。シーツは有料で借りられます。

今回の滞在の目的は登山の前泊なので簡単キャンプです。

夕飯は前日に仕込んだカレーを冷凍してもってきたものを温めただけ。

そして、ごはんはアルファ米(笑)

それでも、緑に囲まれて食べるごはんは最高ですね。

息子もパクパク食べていました。

早めの夕飯の後は菅沼の周りを少し散策。

キャンプ場内にお風呂もありますが、入れないことがあるのでその場合は温泉へ。

お手洗いも洗面所も炊事場も本当にきれいで快適でした!

オイルランプの貸出しもあって、なんだか雰囲気でる~(^^)/

明日に向けて早々に就寝です。

菅沼キャンプ場  http://www.sugenuma.com/

日光白根山

さて、次の日は6時起き!と思ったら涼しい気温が気持ちよすぎて二度寝した!

息子も爆睡。7時半に起床して少し急ぎ足で支度をして丸沼高原へ。

丸沼高原からロープウェーに乗って山頂駅まで。

いっきに2000mまで上がります。

 

山頂駅を降りると白根山!どーん!

って書きましたが、実は行きは登山道へ一目散に向かったので、

目の前に白根山がそびえていることに気がつかず…。

下山して振り返ってみたら「山」のカタチをした姿が現れてびっくり!

かっこいい山です。

 

今回のルート

山頂駅ー七色平分岐ー白根山山頂ー座禅山ー七色平分岐ー山頂駅

9:20 出発 - 14:30 到着の約5時間の行程でした。

 

ロックガーデンを抜けて登山道に向かいます。

二荒山神社にて安全を祈願して出発!

 

ちなみに今回は、夫と息子に史跡散策コースを

楽しんでもらっている間のひとり登山です。

2000mを越える山はめったにひとりで歩かないので

ちょっとドキドキ。

 

神社を過ぎると登山道の入り口です。

この門を通り過ぎて白根山への分岐のところにも

クマよけの鈴をつけてくださいとの注意書きがありました。

今回はひとりで登るということもあったので、

この日のために熊鈴を購入しておきました!

熊鈴については後ほど書きますね。

 

登山道も整備が行き届いており、多くの案内板が設置されていました。

現地の案内表示だけに頼るのは心もとないので地図などの装備は必ず

もっていく必要があると思いますが、初心者にも安心して歩ける道だと感じました。

 

シラネアオイの時期は過ぎてしまいましたが、

かわいらしいお花たちに出会うことができました。

道行く登山者の方に名前を教えてもらったり、心が和むひととき。

歩き始めのペースが少し速足だったため、早くも少し疲れを感じめたころに

森林限界を越えました。高山にきたー!って感じになりますね。

樹々がなくなると、細かい砂利の道をゆきます。

これが意外と滑る。足を踏ん張るとズルッとなるので

ベタ足で踏み込まずに足を進めます。

あ~お腹すいたー。ということで、山頂の手前でお昼ごはんにすることに。

今日の山ごはんはお手軽にモンベルのリゾッタです。

2017年に新発売された商品で今回はじめていただきます。

お湯を注いで3分で食べられるごはんです。

さて、どんなごはんかな~(^^)/っと思って封を切ったら

あれ?スプーンが入ってない‼‼‼‼‼

いつもお世話になってるアルファ米にはスプーンが入っているので

てっきりこれも付属していると思い込んでいた。

今朝の車中で「リゾッタにスプーン入ってる?」って夫に

聞こうと思ったけど大丈夫だろうと思ってしまった自分にがっかり。

ちゃんとパッケージ確認すればよかった…(泣)

だけど、がっかりしててもはじまらない!

 

スプーンの代わりになりそうなものはザックに入ってないし、

いざとなったら、絞り出すようにして食べればいいかと思ったら!

ピカーン!ひらめきましたー!!

行動食のクッキー!これってスプーンになるんじゃない!?

ということで、ひとり作戦会議をやっているいる間にできあがり、

クッキーを使って食べました(笑)

リゾッタと名のごとく食感はリゾットのような感じ。

味は、山で食べるとおいしいです!

わたしは水筒に入れたお湯を使ったのですが、

おそらく熱湯で調理したらさらにおいしくできるかも?と思います。

ボリュームもお茶碗大盛1杯分ということで、

わたしのお腹はいっぱいになりました。

お湯をかけなくてもそのままでも食べられるので

これは災害時の非常食に最適ですね。

柔らかいのでお年寄りや小さい子どもにも食べやすいと思います。

 

お腹が満たされたところで、いざ山頂へ。

山頂付近になると岩ばかりでルートが見つけづらかったです。

岩のしるしを目印に山頂まで登り2578mに到着!

山頂はとても狭いので、写真を撮ってもらって早々に引き上げます。

山頂から少し過ぎたところに広場のような場所がありました。

平日だったので、人もまばら。ここでお昼ごはんにするのがいいですね。

端までいくと五色沼がきれいに見えました。

さて、下山です。

お天気にも恵まれていい景色です。手前が弥陀ケ池、奥が菅沼です。

弥陀ケ池まで急坂&岩場です。

持参した地図のコースタームは35分になっていたのですが、

傾斜も急で岩がゴロゴロ。

最近は楽ちんな低山しか歩いていないのでスピードは出ないし、

足がプルプルしてきました。55分かかりました。

 

弥陀ケ池の分岐で一息ついて座禅山へ。

途中から森林の中へ入りました。そこからひたすら歩く歩く。

七色平に入ったら他の登山者の方がいなくなって森の中。

なんとなく心細いので熊鈴を鳴らしながら歩きました。

周囲に人がいるときは鈴はにぎやかで気になるので鳴らさずに、

人気がなくなったら使うようにしました。

 

ペースを上げて歩いてロックガーデンへ戻りました。

下山は写真があまりありませんね(笑)

二荒山神社でお礼参りをして天空の足湯へ。

観光客の方がたくさん楽しんでいました。

「あの山登っていらしたんですか!?」

「はい~(^^)/」

という会話をしながら温まりました。

ふぅ、気持ちがイイ~。

ロープウェーで降りて、夫たちと合流してふもとの温泉へ寄ってから帰宅しました。

大満足の2日間でした(^^♪

 

丸沼高原HP http://www.marunuma.jp/nature/hiking/

 

登山のおとも 熊鈴&リゾッタ

今回の登山にもっていった新たなグッズの紹介です。

モンベルのトレッキングベル

モンベル トレッキングベルサイレント(Amazon)

 

チリ~ンと高めのいい音がします。

消音機能つきなので、音を鳴らしたくない時に消せるので便利でした。

 

購入時に迷ったのものが

東京ベル 森の鈴(Amazon)

こちらも消音機能がついていて、まわりにカバーがついているものは

ザックなどに当たっても音が消えないという特徴があります。

今回の登山中にこちらのベルをつけている登山者さんを2人みかけて

とてもいい音~♪ と感じました。

モンベルの方がお値段が手頃だったので購入したのですが

こちらの商品でもよかったかなと思いました。

 

リゾッタ

リゾッタ(モンベル オンラインショップ)

味はガーリック、カレー、コーン、五目、梅しその5種類あります。

3分でできるので、パパッと食べたいときに手軽です。

スプーンが添付されていないのでお忘れなく!(笑)

 

 

 




【 最新のお知らせ 】

TRE(トラウマ&緊張解放エクササイズ)の参加者を募集しています。会場セッションとオンラインセッションからお選びいただけますので、遠方の方や長時間の外出が難しい方もご参加いただけます。期間限定料金のうちにお試しください(^^)/

会場のセッションについては→こちらをクリック

オンラインセッションの詳細は→こちらをクリック

8月よりオンラインセッションにグループセッションが加わりました。気軽にTREを続けていただけると嬉しいです!


<セッションのご感想>

・身体がひとりでに動いてとても心地よかった

・こわばりのある体の部分が楽になった

・昔に大きなケガをした右膝に対する信頼感を感じることができた

・振動が通っていない身体の部分に意識を向けただけで体が動き始めて驚いた

・忘れていた昔の怖い・悲しいという感覚があったということを思い出した

・振動後に胸から口までの通りが良くなって呼吸がしやすくなった

・顔の緊張がゆるんだ

みなさまにお会いするのを楽しみにしています!