2015年1月から産休をいただき早くて半年で復帰するとお伝えしていたのにも関わらず、

本格的に再開したのは2年ほど後の2017年4月。

その間にも、再開をお待ちいただいてご連絡をくださっていたクライアントのMさん。

先日、約3年ぶりにセッションを受けにいらしてくださいました!

とても感性が豊かでお話することの消化吸収が早く、多くのことをご自身で気づいて帰られます。

そんなMさんに、いくつかセッションについて質問にお答えいただきました。

ご協力ありがとうございました!

 

Q1. 初めてセッションを受けようと思ったときの理由は何ですか?

自分に起こることの意味を知りたかった

考えかたのキャパを広げたかった

しなやかな心でいるコツを知りたかった

いろんな思いがありました

Q2. セラピストの第一印象や人柄をどのように感じますか?

第一印象は、森に住む妖精みたいだと感じました。笑

年齢差を感じない。 むしろ 年上のよう。

だから妖精みたいに感じたのかも知れません。

Q3. セッションではどのようなことがテーマになっていますか?

実生活で処理に困惑困難だと思っている事柄

理想と現状の間に感じる不快感。

Q4. セッションを受けてご自身の変化を感じていますか?

はい。 気持ちに落ち着きが出て、幸せを感じることが増えてきました。

Q5. セッションに継続的に通っていただいている理由はどのようなものですか?

思考のクセは 長年共にしていたものなので、直ぐには治らないから。

自分のことを、もっと知りたいから。

 

1回のセッションでも大きな変化を体験されるクライアントもいらっしゃいますが、

継続的に利用していただくことでひとつのテーマを確実に扱っていくことができます。

またMさんの場合は、セッションで気づいたことを実生活で活用されているので

変化が具体的に起きています。

 

ブランクが空いてもこうしてまたいらしていただける方がいることに

本当にありがたい気持ちでいっぱいです。

今後もお役に立てるよう精進していきます!

 

セッションの詳細・問合わせ・予約はこちら

セッション